情操教育

  • 美術教育
  • 音楽教育
  • 道徳教育
美術教育

美術科の担うもの

本校では、子どもたちにより自由な感性や発想から伸び伸びとした自主的な表現活動をしてもらいたいという願いなどから、 「図画工作」という呼称ではなく、「美術」としています。

家庭や外界で創造性を養う環境や時間が見つけにくい現代だからこそ、子どもたちの好奇心を引きつけ、ゆったりとした時の流れの中で、別世界にトリップできるような豊かな体験を小学校教育の中で、強いては美術の授業において開拓していかなければと感じています。

美しさを見いだす感性。形を作り上げる技術。自分の内面にあるものや外界から吸収した事象を色と形に変えて表現しようとする欲求。そうしたものから得られる発見・驚き・感動・よろこびなどの豊かな人間形成のうえでとても大切な部分を美術科は 担っているのではないかと思っています。

大切にしていること

● 個性豊かな表現活動を見守り、それを認めること。
● 斬新で生き生きとして輝いていること。
● 創造の場として豊かで魅力にあふれた空間でもあること。
● 創作意欲を高め、多彩な表現ができるように環境を整えること。
● ワクワクしてくるようなこと。
● 絵を描き、何かを作ることが気持ちよく、とても大切なことと感じること。
● 教えないこと。
● あきらめないこと。
● そして何より楽しいものであること。

作品展

毎年3月に行われます。全児童の作品を(個人制作・共同制作)を、学園講堂で展示します。

音楽教育

低学年

本校には、歌うことが大好きな子どもたちが多く、音楽の授業以外にも、よく響く歌声が各教室から聞こえてきます。そんな子どもたちの気持ちを大切にしながら、低学年の歌唱では、斉唱を中心とし、楽しく歌うということに目標を置いて取り組んでいます。そして、ゆっくりではありますが、地声から頭声へと導いていきます。また、合奏を通して楽器の演奏技術を身に付けたり、リズム感を養ったりしていきます。

高学年

高学年では、学年に応じた発声方法の習得にさらに力を入れ、斉唱に加え、2部合唱や3部合唱にも取り組みます。その際、互いの声をよく聴き合うことを目標に、ハーモニーの楽しさを体感させたいと考えています。合奏も同じく、演奏技術習得だけでなく、奏でられる音色に耳を傾け、その良さを感じ取ったり味わったりすることができるようにしたいと考えています。

音楽祭

毎年秋に、奈良県文化会館国際ホールにおいて音楽祭が行われます。吹奏楽部の演奏によるオープニングに始まり、各学級のコーラスの発表、和太鼓クラブの演奏、コーラス部の発表などがあります。各学級のコーラスの発表では、指揮者も伴奏者もそのクラスの児童が行い、日々の練習の成果を、全校児童と保護者の前で披露します。子どもたちのよく響く歌声は、ホール内いっぱいに広がります。

土曜和太鼓教室

5,6年生の有志が集まり、活動期間を1年間と限定した和太鼓チームを結成しています。土曜日や休み時間を利用して練習を重ね、その成果を、秋の音楽祭や幼小合同バザーで披露しています。

道徳心を養う取り組み

豊かな人間力の形成のため、他者を想う心を磨きます

あいさつ・整理整頓・そうじなど、あたりまえのことを繰り返し徹底することは、生活習慣の確立を図るとともに、将来に向け人間力を鍛えることに繋がります。独自の道徳教育や外部講師講演会は子どもたちの心の眼を開かせ、感性豊かな心を育てます。

あいさつ

毎朝、玄関前で校長先生とあいさつを交わします。校内でも先生や保護者の方に、元気いっぱいあいさつをします。

人権集会

障害をもたれた方からのお話などを聞き、学級でも話し合います。その内容は保護者の方へもお伝えしています。

外部講師講演会


ボリショイバレエ学校、モスクワ音楽劇場を経てロシアで活躍されたバレリーナの方から、夢を持つことの大切さを学びました。

貴重な話を聞くことで心の扉が開きます
卒業生や保護者の方、著名人などを招き講演会を実施。多方面から心に響く様々な話を聞くことで、子どもたちはまたひとつ成長します。この講演会は、文部科学省・経済産業省が進めている「キャリア教育」「起業家教育」として、子どもたちの『将来に対する夢』や『チャレンジ精神』、『自己肯定感』を育むことにつながっています。

学級通信

子どもたちの心の中や学級の様子を掲載しています
学級通信では、子どもたちのがんばったエピソードや素直な作文、担任からのメッセージなどを掲載し各家庭に配布、保護者の方々も巻き込み学級に共感の輪を広げています。職員室前にも掲示しているので、他クラスとの距離を縮めることにも一役買っており、自身の作文やエピソードが載ることで、活動や学習にもますます熱が入ります。

はきものを揃える

靴箱やトイレではきものを揃えることは、学習や生活の丁寧さ、人を大切にすることにも繋がります。

そうじボランティア

週に一度、汚れが気になる箇所を自ら見つけ出し、校内の様々な場所でそうじに取り組みます。

ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.