ニュース&トピックス

2017-07-03

「3年生社会見学 本物に触れる~後編~」

 本校の学習では「本物に触れる体験」を大切にしています。
 以前、「3年生の社会見学 本物に触れる~前編~」(2017年5月15日の記事参照)で、児童が「奈良らしいお店探し」をしたことについてお伝えしました。今回は、その後の学習についてです。

 子どもたちは自分たちで奈良駅周辺を歩き、各グループで選んだお店の人たちにインタビューに伺いました。奈良駅周辺には昔から経営されてきた伝統的なお店やお土産物屋さんなど、奈良駅周辺だからこそ見つかる店舗がたくさん建ち並んでいます。今回、インタビューに答えてくださったお店は19店舗!ご協力いただき、本当にありがとうございました。
 社会見学の事前学習で、失礼のないようなご挨拶の仕方、どのような質問をするのか、タブレットをいつ使うのか、等、グループで十分に話し合ってから出かけました。そのため「こんにちは。」の第一声が勇気を出して言えた途端、お店の方のお話を聞きながら。児童は次々と質問をしました。子どもたちは丁寧に答えて下さる店員さんの話を熱心に聞きながら、大急ぎでメモしていました。
 今回のインタビューで子どもたちが驚いた部分は、
 「私たちの調べたお店は160年も前から続いている。」
 「一刀彫りは、小さいものでも1日では作れない。」
 「お茶屋さんには外国人のお客さんが1日あたり70人もくる!」
など、で、自分たちが見聞きした話をする際の表情は、インタビューが成功したことの誇りと自信で本当に活き活きとしています。インタビューでは普段なかなか知り得ないお店の話を伺えたり、働く大人の方に自分が「聞き手」としてしっかりと話を聞けたこと、も、うれしかったようで、こういった「インタビュー体験」自体も「本物に触れる」体験の一環となっています。今後、この内容を友達と協力しながらポスターにまとめ上げ、各班がプレゼンテーションを行い、まとめを行います。
 
 このように、体験活動を「体験」のみで終わらせるのではなく、調べた内容と合わせてプレゼンテーションをすることで「発表」「発信」する力も養います。社会見学を軸に授業を構築していくことで、「学習方略(学習の仕方)」そのものも合わせて学ぶことができます。高学年での学習に備えられるよう、今のうちにこういった「技術」も身につけておきたいですね。

新着情報一覧へ戻る

入学説明会

放課後児童預かり 学園前アフタースクール

Te'zチャンネル


Te'zぷらざ 在校生・保護者向けサイト

  • Te'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちら
お問い合わせ一覧
資料請求
アクセスマップ 近鉄学園前駅徒歩1分
帝塚山小学校 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-9624
ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.