ニュース&トピックス

2017-06-27

「出張授業『金融経済教育講座』」3年生


 学歴社会の終焉、少子高齢社会の到来など、20世紀型社会からの激変に伴い、自らの選択で人生設計を行うための基礎的人間力として、ファイナンシャルリテラシーの拾得が重要性を増しています。こうした背景のもと、「文部科学省・日銀とともに民間関係団体が協力し、生きていく力を育むことが重要」との見解が金融庁から文部科学省に出されました。こうした学校における金融教育推進の意向を受けて、小学生を対象とした様々な「金融経済教育」の取り組み実績を有する『りそな銀行』の学園前支店のみなさんに、今回の出張授業をお願いすることになりました。
 
 今回は、子ども達に、「銀行の仕組みや、お金の大切さ、働くことの大切さなどを総合的に学んで欲しい」と願い、『「お金クイズ」をみんなで考えよう』『カレー屋さんになって販売し、効果的なお金の使い方について考えよう』という2つの内容で講座を進めていただきました。
 前半は、「お金クイズ」です。順調に正解を答えてきた子ども達が、一番引っかかったのは、次の問でした。

「預けたお金はどうなるでしょう?」
 1 金庫に保管している
 2 必要な人や社会に貸し出している
 3 銀行の人の給料にする

 ほとんどの子ども達は、そのまま金庫に保管していると思っていました。つまり、銀行は、預かったお金を動かさずに保管し、大きな貯金箱の役割をしていると思っていたのです。
そんな子ども達からは、
「一番驚いたことは、銀行に入ってきたお金を、他の必要とする人や社会に貸すことです。」
「お金を返す金額は借りた分だけだと思っていたけれど、借りたお金より少し多く返すことに驚きました。」
という声が上がりました。
 こうしたことを頭に入れ、後半はカレー店を経営するために銀行にお金を借りに行き、販売が終わった時点で利息を付けた金額を銀行に返済し、最後に手元に残った残高が一番多いグループが優勝するというゲームを行いました。
 仮のお札を使い、実際の銀行員の方々が目の前でお金の勘定をしてくださったので、なかなか現実的な授業になりました。子ども達なりにお金の仕組みに気付かされたようで、大変貴重な体験となりました。

新着情報一覧へ戻る

入学説明会

放課後児童預かり 学園前アフタースクール

Te'zチャンネル


Te'zぷらざ 在校生・保護者向けサイト

  • Te'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちら
お問い合わせ一覧
資料請求
アクセスマップ 近鉄学園前駅徒歩1分
帝塚山小学校 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-9624
ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.