ニュース&トピックス

2017-09-04

「夏休みの活動 その①『解剖実習』」


 6年生の希望者を対象に、『人体のしくみとはたらき』(理科)の発展学習として、魚類と貝類(ホタテガイ)の生体解剖実習をしました。今年も参加希望が多かったので、午前と午後の二部に分かれて実施しました。
 まずは、アジの解剖に取り掛かりました。一人1尾を担当し、第1段階として、メスを用いて鱗を取りました。続いて解剖バサミとメスでおなかを開き、その中を観察しました。肝臓、心臓、胃、精巣や卵巣など、たくさんの内臓を観察することができました。
 アジの心臓はヒトの心臓との違い、1心房1心室の2つの部屋に分かれています。また、心房と心室で色も異なります。それらを目で見て確認することができました。
 次に、ホタテの解剖をしました。ステーキナイフを用いて丁寧に貝を開くと、外套膜・中腸腺(ウロ)・閉殻筋(貝柱)、様々な部位が見えてきました。ここで、子どもたちから驚ろきの声が上がりました。ホタテの“目”の存在を知った瞬間でした。
 実は、ホタテの外套膜、いわゆる貝ひもの部分には黒い点がたくさんついていますが、これがホタテの目になるのです。ホタテは無数の目を持っていることになり、ここで明るさを感じているのです。
 また、ホタテは大きな閉殻筋(貝柱)を使い、貝を開け閉めしながら海の中で泳ぎます。貝柱が発達しているのは、そのせいかもしれません。

 しばしの観察を終え、せっかくなのでホタテの可食部を炒め、美味しくいただきました。知的好奇心も食欲も満たされ、子どもたちは満足そうな様子でした。

新着情報一覧へ戻る

第1回体験入学申し込みページはこちら

放課後児童預かり 学園前アフタースクール

Te'zチャンネル


Te'zぷらざ 在校生・保護者向けサイト

  • Te'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちら
お問い合わせ一覧
資料請求
アクセスマップ 近鉄学園前駅徒歩1分
帝塚山小学校 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-9624
ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.