ニュース&トピックス

2017-09-22

「ダイハツものづくり体験教室」5年生


 本校では、社会で活躍されている様々な分野の専門家の方々から、子ども達が“直接”指導を受けることによって、より学びの質を高められるようにしています。そういった考えのもと、社会の授業で「日本の産業」を学習している5年生を対象に、「ダイハツものづくり体験教室」を行いました。
 昨年度に引き続き、今年度も大阪府池田市のダイハツ工業から、トラック3台、そして10人を超えるスタッフの方々にお越しいただき、体育館に模擬工場をセッティングしていただきました。
 まずはじめに、車作りの工程について、スクリーンで説明していただきました。その後、【プレス工程】【溶接工程】【塗装工程】【組み立て工程】【エンジンの仕組み】を小グループで説明していしていただき、実際に本物の部品を使いながら製造の体験をさせていただきました。たとえば、【組み立て工程】では、本物のタイヤにインパクト(電動ドリル)でナットを締めたり、【溶接工程】ではスポット溶接で模型を実際に溶接させていただいたりしました。また、【ライン工程の学習】では、レゴブロックでできた車のパーツを順番に組み立て、組み付け係・運搬係・供給係・検査係に分かれ、流れ作業を体験させていただきました。
 さらに「環境対策」として、生産時に出た汚水を、薬品でと水に分け資源として再利用されている取り組みも、実験を見せていただきながら学びました。
 すべての工程を体験させていただいた子ども達は、最後に実際の工場内の様子を映像で見せていただきました。自分たちの体験がどの部分にあたっていたのかを確認できる振り返りの時間となりました。


 ところで、ダイハツ自動車工業では、体験教室のコンセプトとして2つのことを大切にされているそうです。一つは、「クルマづくりの工程を『実物を見て、触って、使って』物づくりに対する興味を持ってもらう」ということ。そしてもう一つは、「協力しながら作業をすることで、チームワークの大切さ、役割を果たす責任感を感じてもらう」ということだそうです。
 これから子ども達が学習を進めていく上で、“実物を見て、触れて、体験”できたことが、深い理解につながり、また未来のものづくりに対する興味や関心が広がったことになっていれば嬉しいです。


―以下、子ども達の感想―
・エンジンのしくみが驚きました。燃えて動いているということは知っていたけれど、爆発してその力で金具が押されてまた跳ね返ってのくりかえしでした。実際に工場で使うものを持ってきてくださり、よくわかって良かったです。
・体験して楽しかった事は、タイヤにナットを付ける作業と塗装作業です。タイヤにナットをつける時は重い機械を持ちます。その機械でナットを付けます。ナットを付け終えると、ガリガリと音を立てて教えてくれました。塗装を今回は水でしました。車のドアに水で塗装をしました。ビデオで見た時、このようにして車はできるんだと思いました。厳しいチェックで、合格・不合格を決めます。それは難しいことでした。
・どのブースの体験や実験もとても楽しかったです。特に流れ作業がみんなのチームワークが大切だったので大変だったけれど、大変だった分楽しかったです。
・面白かったのは塗料の時にすごい勢いで水が出た時です。水の時はかかっても色がつかないけど、実際に色を付ける時はすごく汚れるだろうなと思います。そんな事をずっとしてくださっている人がいることを忘れないようにしたいです。

新着情報一覧へ戻る

第1回体験入学申し込みページはこちら

放課後児童預かり 学園前アフタースクール

Te'zチャンネル


Te'zぷらざ 在校生・保護者向けサイト

  • Te'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちら
お問い合わせ一覧
資料請求
アクセスマップ 近鉄学園前駅徒歩1分
帝塚山小学校 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-9624
ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.