ニュース&トピックス

2017-11-20

「秋を楽しむ~どんぐり拾いと『お知らせ学習』1年生~」

  めっきり秋が深まりました。
  ある晴れた秋の日に、1年生は「大渕池公園」にドングリを拾いに行きました。

 「大渕池公園」は、学園前駅の北側にある大渕池を中心とする公園です。周辺の自然の樹林地を含めた豊かな緑と水の公園として、本校の「お知らせ学習」にぴったりの場所なんです!

 帝塚山小学校の1年生には『おしらせ学習』というものがあります。これは、本校が創設以来継続している授業で、身近な自然にあるものを題材とし、それを学級で共有しながら学習を深め(2017年6月15日の記事を参照)、子どもの好奇心・探究心を大切にしながら、観察力や発表力を養い、いずれは高学年の理科の授業や調べ学習へと発展させていくものです。本校の児童が独創的で豊かな発想を身につけているのは、この『お知らせ』の授業が源泉となっているのかもしれないですね。

 以下、1年生両クラスの担任が作成した学級通信を、編集し、転載します。

 さて、1年生の子どもたちは、朝からワクワク・ドキドキして出発しました。歩いている途中、広い歩道にプラタナスの木の落とし物がたくさんありました。子ども達は、歩きながらまた一枚、また一枚と拾い、「こっちですよ~!」とまるでバスガイドさんが旗をあげるかのように葉っぱをあげていました。

 しばらく歩くと、ようやく大淵池公園に着きました。まぁ、たくさんドングリが落ちているではありませんか!!あっちにもこっちにも!
 「先生、こんな形のドングリが落ちていました!」「芽が出たドングリ、見つけた!」「こっちのドングリより、こっちの方がおっきい!」「先生、レアなドングリ!」「葉っぱも見つけたよ!」「こんなにおっきいドングリありました!」「これ、マテバシイや。」「違うで~。クヌギやで~!」「(ドングリの)帽子を見つけました!」「兄弟のドングリも!」「赤ちゃんドングリ見つけました!」

  でも、ドングリだけを拾っていては、何のドングリか、あとでなかなか種類が判明しません。一緒に落ちている葉っぱや帽子もセットにして拾ったり、上を見上げてどの木のどんぐりかを確かめたりしている子達もいました。

 
 ドングリの形や大きさ、色など、子どもたちが目を向ける視点はいくつもあります。「どうして、ドングリはたくさんの実を落とすの?」「このひげみたいなのはなあに?」「この2つのドングリは違うけど、どんな種類なの?」など、様々な「疑問」や「問い」が生まれてくるといいなあと考えています。

  子どもたちが帽子と言っているのは「殻斗(かくと)」と呼ばれる部分。今後、この模様や形をよく観察することで、ドングリにはいくつかの種類があり、その種類を特定しドングリの名前を見つけ出していくことで、より理科的な要素を増やし、いずれは理科へと発展する「学習の芽」を育てていきたい、と考えています。

 

新着情報一覧へ戻る

  • 初夏の体験入学申し込みページはこちら
  • 入学説明会

  • 放課後児童預かり 学園前アフタースクール放課後児童預かり 学園前アフタースクール
  • リトルTe'zチャンネルリトルTe'zチャンネル
  • Te'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちらTe'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちら
  • アクセスマップアクセスマップ
お問い合わせ一覧
資料請求
帝塚山小学校 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-9624

お問い合わせ一覧

資料請求 アクセスマップ 近鉄学園前駅徒歩1分
帝塚山幼稚園 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-4667
ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.