ニュース&トピックス

2016-05-20

『種子の発芽』~ポップコーンの苗植え付け~ 5年理科


 5年生の1学期の最初の理科は「種子の発芽」の学習でした。その中で“はい乳”のある種子を作る代表的な植物の一つとしてトウモロコシを扱いました。その学習の延長として、「ポップコーン」の栽培にも、大々的に取り組んでいます。それは、11月に催される毎年恒例の「幼少合同バザー」で、何十年も前からの伝統になっている5年生が出店する八百屋の主力商品となるのです。
 学校の屋上デッキで5月初めにみんなで種まきをしたのが、草丈15cmほどの苗に育ちました。その数、約600株。
初夏を思わせる暑さの中、5年生全員で学校農園に移植しました。これから世話を重ねて無農薬有機栽培で育てます。夏休みに入る頃には2mをはるかに超える背丈にまで生長し、1本に2つずつの実をつけます。
 小さな小さな1粒の種子から、見上げるほどの背丈に生長するポップコーンの驚くべき生命力。『爆裂種』と呼ばれる品種に分類され、スイートコーン(甘味種)とちがって熱を加えると激しく弾ける、あのポップコーンの秘密。
 このまま無事育ってくれて、くきも葉も茶色に枯れてしまう2学期の初め頃、豊作の喜びに包まれながら収穫できることを、みんな期待しています。

 また、はい乳のない種子を作る植物の代表としてカボチャ(ロロンという品種)の苗も植えました。7月初旬に予定の「花から実へ」の学習の中で、両性花(雄花・雌花の二つの花を咲かせる)の代表として、また虫媒花(虫に受粉の仲立ちをしてもらう花)の代表として、このカボチャの花は大変貴重な教材となります。もちろん、夏に収穫する、このロロンという品種の楕円形をした実は、ほくほくと柔らかい上にとびきり甘く、市場に出回っているカボチャとは、一味もふた味も違います。天ぷら、煮物、ポタージュスープなど、どのように調理されても、そのとびきりの甘みのおかげで、砂糖やみりんなどの調味料は一切必要ありません。
 さて、今年度はいくつ収穫できるでしょうか。楽しみです。

新着情報一覧へ戻る

  • 年中児対象 体験入学 申し込み受付中

  • 放課後児童預かり 学園前アフタースクール放課後児童預かり 学園前アフタースクール
  • リトルTe'zチャンネルリトルTe'zチャンネル
  • Te'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちらTe'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちら
  • アクセスマップアクセスマップ
お問い合わせ一覧
資料請求
帝塚山小学校 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-9624

お問い合わせ一覧

資料請求 アクセスマップ 近鉄学園前駅徒歩1分
帝塚山幼稚園 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-4667
ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.