ニュース&トピックス

2016-10-21

「ロボット教室」3,4,5年生希望者


~3年生の様子~
 3年生にとっての第一の課題は、チームで協力してロボットを組み立てること。めあてのパーツを探し出し、説明書通りにそれらを組み立てるのに一苦労でした。時間はかかったものの、自分たちで完成させたロボットには愛着がわくもの。様々な部品を付け足し、オリジナルのロボットに改造をしていました。
 次に第二の課題、プログラミングです。まずは、ロボットを前、後ろ、横と、自分の思うように動かす内容をプログラムします。そして、おそるおそるプログラムのスタートボタンを押しました。自分が組み込んだプログラムで動くロボットに、子どもたちの目は釘付けになっていました。動作が終わると、「次はこんな動きをしてみよう!」と、次々とプログラムにアレンジを加えていきました。
 あっという間に時間が経ってしまったようで、終わりを告げると残念そうにしていた3年生。早くも次のロボット教室の日を楽しみにしている様子でした。
 3年生では、プログラミングが「楽しい」と感じられるような指導をしていきます。


~4,5年生の様子~
 4年生と5年生は縦割りでチームを組み、合同で練習を始めました。5年生は、これまでの自分たちの経験を元に、それぞれのチーム内で中心となって、4年生と活動しました。
 まずは、基本の復習・精度の向上を目当てに、地面に描かれた線をたどる「ライントレース」を時間をかけて徹底しました。小さいタイヤと大きいタイヤの動きの違い、速い速度でのライントレースのプログラムの組み方や調整方法、ロボットにつけるセンサーの位置について、など細かく一緒に学んでいきました。子ども達は最後まで集中力を持続して活動に取り組み、練習が終わる頃には、それぞれのチームのロボットが、素早いライントレースをする力を身につけていました。
 子どもたちは、上記のように、ロボットやプログラムの例を頼りに、まずは模倣から活動をスタートさせます。しかし、プログラム自体は、そのままでは使えません。ロボットの形が違えば、プログラムの数値などが変わってくるからです。そこで、自分たちのロボットにプログラムを適用させるためには、複雑な構造のプログラムを読みとり調整する『論理的な思考力』、ロボットが動いている様子をみて修正場所を見つける『観察力』、センサーの配置やプログラムの改善方法を考える『発想力』といった力が必要となってきます。「ロボット教室」での活動を通して、これらの力を身につけ、成長していくことを願っています。

新着情報一覧へ戻る

  • 入学説明会

  • 放課後児童預かり 学園前アフタースクール放課後児童預かり 学園前アフタースクール
  • リトルTe'zチャンネルリトルTe'zチャンネル
  • Te'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちらTe'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちら
  • アクセスマップアクセスマップ
お問い合わせ一覧
資料請求
帝塚山小学校 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-9624

お問い合わせ一覧

資料請求 アクセスマップ 近鉄学園前駅徒歩1分
帝塚山幼稚園 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-4667
ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.