ニュース&トピックス

2016-10-27

「社会見学『奈良市防災センター』」4年


(以下、学級通信より引用です)

 【奈良市防災センター】へと社会見学に出かけました。今回の見学は、社会で学習する【安全なくらしを守る】という単元の学習の一環です。この施設では、火事、台風、地震などに関しての体験を受けることができます。今回は、少人数ごとにグループに分かれ、全ての体験をさせて頂くことができました。
 一つ目は、消火器を使用した消火体験です。この体験では、消火器の使用方法、中に入っているものや、使用可能時間などを教えていただきました。本数に限りがあるため、今回は代表者のみの実演となりましたが、粉の代わりに水が入った消火器を使い、勢い良く火の広がる画面に向かって消火活動を行っていました。ここでは、消火器は初期消火のみに有効であるため、まず火事を発見した時に、「火事だ!」と大きな声で周りの人に知らせることが大切であると教わりました。
 二つ目の体験は煙の中での避難体験です。煙が充満し、薄暗い部屋の中を、煙を吸わないよう、身を屈めて手探りで進みます。その視界の悪さには、子どもたちも驚いていました。学校の避難訓練では味わうことのできない体験をすることができました。同時に、いつも学校でも携帯するように言われている、ハンカチの大切さを実感できたのではないかと思います。
 三つ目の体験は台風の体験です。風速20m/秒の風の力がどのようなものかを体験しました。ゴーグルをし、棒につかまっていましたが、それでも前を向いていられないほどの風の力に子どもたちは圧倒されていました。台風の日に外に出る危険を、身をもって感じてくれたのではないでしょうか。
 四つ目の体験は地震の体験です。揺れる機械の上で震度5の地震を体験しました。肘と膝を地面に着けて頭を守る、「ダンゴムシポーズ」を教わり、揺れを感じると素早く小さくなっていました。今回は震度5までの体験でしたが、この機械では、震度7までを体験することができます。私がお手本ということで、震度7を体験しましたが、立っていることができないような地震の揺れの強さ、怖さを感じると同時に、瞬時に子どもたち自身が判断して身を守ることができるようにしておくことが何よりも大切であると、再認識させられました。
 体験の後には、ビデオでゲリラ豪雨や落雷、地震からの時の正しい対処法を学びました。こうして、アトラクションのように楽しみながらも、しっかりと学ぶことのできる、とても有意義な時間となりました。今回の体験をもとに、これからの社会の学習を進めていきます。その中で子どもたち自身が【身を守る】ことの大切さをより深く考えていってくれることを願っています。

新着情報一覧へ戻る

  • 年中児対象 体験入学 申し込み受付中

  • 放課後児童預かり 学園前アフタースクール放課後児童預かり 学園前アフタースクール
  • リトルTe'zチャンネルリトルTe'zチャンネル
  • Te'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちらTe'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちら
  • アクセスマップアクセスマップ
お問い合わせ一覧
資料請求
帝塚山小学校 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-9624

お問い合わせ一覧

資料請求 アクセスマップ 近鉄学園前駅徒歩1分
帝塚山幼稚園 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-4667
ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.