ニュース&トピックス

2016-11-29

「外部講師 講演会」


 本校では、毎年外部から講師をお招きし、全校児童を対象にした講演会を実施しています。今回は、「キャリア教育」の中でも、とりわけ文部科学省・経済産業省がすすめている『起業家教育』として、本校の卒業生でもある、「菊一文珠四郎包永」の社長 柳沢育代氏をお招きしました。
 
 柳沢氏は、3年前に帰国するまでの20年間、アメリカに在住されていました。在米中の1997年には、ニューヨークに和包丁を販売する「菊一NY」を設立しました。設立10周年となった2008年には、アメリカ各地から集まった「菊一視察ツアー第1団」が、本店を訪問するために来日したそうです。
 現在は、打刃物類の製造販売のみならず、奈良の土産店やレストランなど、奈良各地に幅広く店舗展開をされています。
 このようにして、柳沢氏は奈良の伝統工芸を世界に紹介し、新たな未来を切り開いてこられました。

 今の子どもたちは、将来、生産年齢減少やグローバル化の進展、めまぐるしい技術革新など、厳しい時代を生き抜いていかなければなりません。今回の講演を通して、現状に甘えずチャレンジして壁を乗り越え、未来を切り開いていくための「起業家精神」を、子どもたちが学んでくれることを願っています。

 

『菊一文珠四郎包永』について
 菊一文珠四郎包永は700年を超える歴史の中で、長きに渡って非常に優れた刀を作り続け、現在はその技術を基に伝統的な日本の料理包丁や鋏を製造している打刃物の店です。鎌倉時代、後鳥羽上皇は数人の名刀工を御番鍛冶として承認し、献上刀を作らせたと伝えられています。私どもの祖先包永も御番鍛冶として選ばれた職人の一人であり、卓越した技術を持って皇室より賜った菊紋を刀の刻印として銘に入れることを許されました。その伝統は継承され、今も菊一の打刃物には菊の紋が刻まれています。
 現在、私どもの祖先の献上刀は国宝として、静嘉堂文庫美術館に所蔵されています。1868年、侍の世が終わりを告げ、時代の流れとともに菊一の刀造りは打刃物の製造へと変わりましたが、その技術は今も受け継がれております。
 風光明媚な奈良公園・若草山麓に位置する当館は、打刃物類の製造販売のほか、おみやげ処として、またレストラン「永楽」はお食事処としてご好評いただいております。
 奈良・大和路へお越しの節には、ぜひお立ち寄りください。 
  
(菊一文珠四郎包永HPより引用 http://www.kikuichi.com/

新着情報一覧へ戻る

  • 入学説明会

  • 放課後児童預かり 学園前アフタースクール放課後児童預かり 学園前アフタースクール
  • リトルTe'zチャンネルリトルTe'zチャンネル
  • Te'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちらTe'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちら
  • アクセスマップアクセスマップ
お問い合わせ一覧
資料請求
帝塚山小学校 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-9624

お問い合わせ一覧

資料請求 アクセスマップ 近鉄学園前駅徒歩1分
帝塚山幼稚園 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-4667
ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.