ニュース&トピックス

2017-02-13

「雪中登山 ―霧氷・樹氷を求めて―」6年生希望者


 昨日、6年生の希望者を対象とした「自然教室」を実施しました。これは、高学年の希望者を対象に定期的に実施する「自然を学ぶ」取り組みのスペシャル企画です。時間制限のある日常の授業では到底出会うことのできない、よりインパクトの強い精選した自然の姿を求めて活動しています。
 この時期に実施する自然教室での行き先は、霧氷で有名な東吉野村の高見山(標高1249m)です。高見山は、三重県と奈良県の県境にそびえる美しい独立峰で、この時季は頂上付近で見事な「霧氷」が見られることで有名です。それらを求めて、高見山には毎年数多くの登山客が訪れています。本校が6年生の子ども達を対象に、この山の霧氷観察登山を始めて10年以上経ちますが、毎年その表情を変える高見山は、子ども達にも教員にも根強い人気があります。
 さて、28名の6年生と10名の教員からなる登山隊は、午前6時半に学校を出発し、バスで登山口へと向かいました。昨年とは全く違い、登山口からもうすでに積雪があり、ここは本当に奈良県なのかと錯覚するほどの風景でした。
 一行は、昔は参勤交代も通ったという、伊勢へ通じる街道だった林道を1時間ほど登り、「小峠」というポイントに到着しました。ここからはいよいよ本格的な登山道です。この日のために、アイゼンの装着方法について事前レクチャーを受けていた子ども達が、次々とアイゼンを装着しました。道もぐんと狭くなり、「キュッキュッ」という足音が、「ザクッザクッ」に変わり、その急な勾配に、子ども達の会話も、いつしか聞こえなくなっていました。
 積雪も多く、足元を確かめながら下ばかり見て登り続けましたが、ふと顔を上げると、辺りの木々には様々な霧氷、樹氷が見られ、非日常のその美しい光景に、しばし疲れを忘れるほどでした。
 そうしてしばらく続く急な坂道を喘ぎながら登り、またいくつかの岩場をくぐり、約3時間の登高の後、ようやく三角点と高見神社の建つ頂上に到着することができました。山頂はあいにくの天候で、辺り一面真っ白な霧に包まれていました。今年は昨年よりもぐんと気温が低く、持参したペットボトルのお茶が凍るほどでしたので、滞在時間もほどほどに下山しました。
 帰路は、一目散に麓の温泉を目指し、身体を十分に温めてからバスに乗り込みました。怪我もなく、全員で登頂・下山できました。

新着情報一覧へ戻る

  • 年中児対象 体験入学 申し込み受付中

  • 放課後児童預かり 学園前アフタースクール放課後児童預かり 学園前アフタースクール
  • リトルTe'zチャンネルリトルTe'zチャンネル
  • Te'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちらTe'z(テッズ)ぷらざ 在校生・保護者向けサイトはこちら
  • アクセスマップアクセスマップ
お問い合わせ一覧
資料請求
帝塚山小学校 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-9624

お問い合わせ一覧

資料請求 アクセスマップ 近鉄学園前駅徒歩1分
帝塚山幼稚園 〒631-0034奈良市学園南3-1-3 電話番号0742-41-4667
ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.