行事紹介

2015.07 3年 琵琶湖合宿 2日目

  昨夜は激しい通り雨があり、ちょっと心配しましたが、朝目覚めてカーテンを開けると眩しい光が差し込みました。とても良い天気です。
 昨日夕食の後に行った扇子の絵付け体験では、それぞれが思い思いの色と形を扇面に散りばめて、いい感じに仕上がっていました。この後、高島市の特産である扇骨を入れて立派な扇子に仕立てて送っていただけます。2学期が始まる頃には届く予定ですので楽しみにしていてください。
 今日の体験プログラムは、安曇川の河川敷にある竹林での竹細工と竹を使った様々なエコプログラムです。宿舎のバスで10分ほどの竹林に到着すると、たくさんのスタッフの方が準備をして待っていて下さいました。竹林は、ふわふわの絨毯のように湿った葉が敷き詰められていて、ひんやりとした爽やかな風が通っています。カブトムシの箱があったり、ナマズが泳ぐたらいがあったり、竹馬がおいてあったり、子ども達は周りの様子に興味津津です。代表の方から、本日のエコプログラムについてのお話をしっかり聞いたあと、早速小刀を使って、今日のお昼ご飯の食器に使う竹のお皿とコップ、お箸などを仕上げました。ノコギリを使って竹を切ったり、グラインダーを使って竹に模様や文字を削ったり、初めての体験ばかりです。
 そうこうしているうちに、香ばしい香りがしてきました。竹に詰めたご飯が炊きあがったようです。炊きあがった竹筒にノミを入れて割り、中のご飯を取り出します。パカンと割れて、熱々のご飯が顔を出すと、子ども達から歓声が上がりました。初めてみるお焦げのご飯を口に入れてもらうと、おいしくて目を丸くしていました。羽釜の大きなお釜で炊いたご飯はつやつやしています。竹のお皿に、この2種類のご飯とカレーのルーを盛り付けてもらって、さあ、いよいよいただきます。みんな本当によく食べること。おかわり続出です。皆お腹がパンパンになりました。
 まだまだ楽しい体験は続きます。竹馬に竹げた、水鉄砲など、慣れない道具にもどんどん挑戦し、遊びを満喫していました。竹馬に乗れるように助け合っている子ども達。竹げたを履いて鬼ごっこしている子ども達。水鉄砲を遠くに飛ばそうと思いっきり逆噴射して水浸しになっている子ども達。竹で楽器を作り音楽隊のように行進している子ども達。微笑ましくも楽しく充実した合宿の一コマでした。
 

行事一覧へ戻る

ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.