基礎学力

高い学力をつけるために基礎を徹底して学ぶ

読み・書き・計算・英語の基礎学力の定着

読み・書き・計算は、すべての学習の基礎であり、国語や算数に限らず、全教科に必要な力、生活を支える力でもあります。そこにさらに英語の力も加え、徹底して繰り返し定着をはかります。

モジュール学習

積み重ねて学力UP

繰り返し学習が重要な漢字や計算。各学年で習得すべき課題を毎日5~10問、国語と算数の授業開始時の5分間を使い徹底的に鍛えます。
英語は朝の会の5分間を使い繰り返します。

課題解決学習

課題解決学習

「課題解決学習」とは、課題についてまず自らの力で考え、自分なりの足場を築くこと。その後、グループや学級集団で意見を交換し合い、さらに自分の考えを広げたり深めたりする「協働学習」に取り組みます。そして最後にもう一度自分の考えをまとめあげることにより、確かな思考力と表現力を鍛えます。

教科の学習時間の増加

学力をさらに高めるには、より深い学習が必要。 高学年では4教科(国語、算数、社会、理科)と総合学習の英語の授業時間を週1時間増やし、情報教育にも力をそそぎます。

  • 読む力
  • 書く力
  • 計算力
  • 英語力
読む力

読む力は、言語活動や思考力、想像力を支える重要な力。生き生きと学習する基盤です。2万冊の蔵書を誇る図書館など、豊かな読書環境も自慢です。

毎日の読書タイム

毎日15分間、6年間続ける読書タイムは、読書を習慣化させ、豊かな学力、想像力を育みます。低学年は読み聞かせから始め、高学年では個々が集中して黙読します。

専属司書による読書指導

全国の小学校の中で専属の司書を配置している学校は50%台です。本校では専属司書が様々な取り組みで子どもたちの読書活動の活性化を図っています。

書く力

書くことは、自分の言葉で思考を練ること。物事を整理し、より深く考えるために必要な力です。あらゆる学習の中で、書く機会を見つけ、書き慣れさせていきます。

連絡帳

1年生の連絡帳は子どもの絵から始まり、学年が上がるにつれ次第に文章のみになります。先生の赤ペンも励みとなり、子どもの表現力を開発。この継続が質の高い文章力を育てます。

作文指導

的確に伝わり、目的にふさわしい表現の技術を学習。6年生では全員12,000字の卒業論文を書きあげます。

学習記録

毎時間の学習記録は、自分の学習の足跡。各教科での記録が、考える手がかりやまとめる力をつけます。

計算力

算数の基礎は計算力。各学年の学習内容に応じ、正確に速く解く訓練を重ねます。 四則計算は5年生1学期までに終了、6年生は四則混合計算を重点学習します。

5分間計算モジュール

算数授業の最初の5分間に、整数、小数、分数の四則計算を徹底して反復練習。継続が力を確実に伸ばします。

計算検定

2、3学期の最初に計算検定試験を実施。個人の力に応じた検定グレードに目標を設定させ、自分で学習していけるよう本校独自の問題集を用意しています。

計算力

次代のリーダーには必須の資質である英語力。早い時期から、語学に対する基礎力をしっかりと固めていきます。

国際理解教育ページへ

指導システム

徹底した基礎学力充実体制

各学期末に学力診断期間を設けて弱点を発見し、1週間の学力補強期間で複数教員により徹底した基礎学力補強を行います。

少人数制

算数や英語の教科特性から、効率的な学習のため、少ない人数できめ細かく指導します。

1学級を半分に分けて授業
英語(1・2・3年)つまずきやすい低学年
算数(4・5・6年)内容が高度化する高学年
※算数では少人数制とTT授業を併用します。

専門教員の指導

教科の特性を考慮し、卓越した知識と指導力を持つ専門教員が、下記の授業を行っています。

理 科

音 楽

図 工

家庭科

英 語

情 報

英語 森本 敦子

「英語に夢中な子どもをたくさん育てる」

「面白いからどんどん学びたい」そんな学びたくなる授業をデザインしています。 子どもにとっては遊び感覚。 しかし難しい内容も着実に学習しています。 五感をフル活用し、正しく美しい英語を身につけましょう。

理科 吉川 澄人

「自然のすばらしさをいっぱい伝えたい」

本校の理科では、実験・観察や様々な機会を利用したフィールドワークの充実など、子どもたちが実物・本物に接する機会をできるだけ多く創出できるよう心掛けています。 無論、中学進学に向けた学力の向上も、大きな使命の一つです。

VOICE みんなの声

漢字モジュール
漢字モジュールに取り組むようになって、漢字がだんだん書けるようになってきました。初めはいやだったモジュールも、毎日続けているうちに楽しくなってきました。これからもがんばります。《2年男子》

算数モジュール
算数の時間にいつも計算モジュールに取り組んでいます。6年では1枚のプリントに四則混合算が4問、これを5分間で解くのです。この積み重ねがぼくの自信になってきています。《6年男子》

ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.