情操教育

  • 美術教育
  • 音楽教育
  • 道徳教育
美術教育

美術科の担うもの

本校では、子どもたちにより自由な感性や発想から伸び伸びとした自主的な表現活動をしてもらいたいという願いなどから、 「図画工作」という呼称ではなく、「美術」としています。

家庭や外界で創造性を養う環境や時間が見つけにくい現代だからこそ、子どもたちの好奇心を引きつけ、ゆったりとした時の流れの中で、別世界にトリップできるような豊かな体験を小学校教育の中で、強いては美術の授業において開拓していかなければと感じています。

美しさを見いだす感性。形を作り上げる技術。自分の内面にあるものや外界から吸収した事象を色と形に変えて表現しようとする欲求。そうしたものから得られる発見・驚き・感動・よろこびなどの豊かな人間形成のうえでとても大切な部分を美術科は 担っているのではないかと思っています。

大切にしていること

● 個性豊かな表現活動を見守り、それを認めること。
● 斬新で生き生きとして輝いていること。
● 創造の場として豊かで魅力にあふれた空間でもあること。
● 創作意欲を高め、多彩な表現ができるように環境を整えること。
● ワクワクしてくるようなこと。
● 絵を描き、何かを作ることが気持ちよく、とても大切なことと感じること。
● 教えないこと。
● あきらめないこと。
● そして何より楽しいものであること。

作品展

毎年3月に行われます。全児童の作品を(個人制作・共同制作)を、学園講堂で展示します。

ページトップへ戻る
豊かな学力をつけるために 帝塚山小学校のとりくみ
学校法人帝塚山学園 帝塚山小学校
住所:〒631-0034 奈良市学園南3-1-3
Tel: 小学校 0742-41-9624/本部 0742-43-4433
Copyright(C) Tezukayama All rights reserved.